春!

遅ればせながら、今年も全員合格です。

県立は
茨城・・・伊奈
千葉・・・野田中央、成田西陵
です。

合格した人は、入学式までに課題をクリアーしよう。


今年の春休み、ワタクシはのんびり過ごしております。

塾講師時代、朝から深夜まで勤務してヘトヘトになっていたのが嘘のようです(笑)

空いた時間で、1人作戦会議をしてます(笑・結局仕事かいっ)
来春の受験に向け、どう展開していくか、それを考えながら。
来春の成功を思い描きながら。
[PR]

# by yamazaku199x | 2014-03-26 22:23 | 家庭教師

家庭学習の切り札

たいていの塾・家庭教師では宿題が出されます。
それをキチンとこなすことが大切です。

が、なかなかこなせない生徒がいるのも事実。

理由は数あれど、こちらにできることとしては、難易度の調整ぐらいしかありません。

問題集や授業の類題を宿題にすると、
「難しくてできませんでした」という声が聞かれることがあります。
そうした生徒には、難易度の低いワークやドリルを宿題にしております。

それでもできない(というか、やってこない)人もいます。

以前ならもうお手上げでした。

ところが最近では、動画授業のついたテキストが市販されています。
一冊千円~2千円という価格で。
また、有料で動画授業を配信するサービスもあります。

これなら、指導の際にわかった気になっていたのにあとで忘れたところも、しっかりフォローできます。

ただ、動画授業だけでは結局やらなくなってしまう可能性が大きいです。
通信添削なんかがその最たるものです。
したが、こうした動画授業を家庭教師の補助として活用しております。

これで8割以上の生徒が、宿題をこなせるようになりました。

ワタクシが四六時中そばについて教えるのは物理的にも経済的にも不可能です。
が、こうした補助教材を用いることで、可能性が広がると考えております。

将来、もっと優れた方法ができるかもしれませんが、いまはこの方法がベストだと思います。
[PR]

# by yamazaku199x | 2014-03-26 22:08 | 勉強法

私立入試

合格の知らせが
続々来ております。

単願の人は、
高校への準備を始めています。

大学付属に行く人は、
エスカレーターに乗れるよう、
しっかり準備していきましょう。

おめでとうございます。

参考までに合格実績。
☆常総学院(β7)
☆東洋大牛久
☆つくば秀英(B)
☆西武台千葉
☆我孫子二階堂


県立志望の人は、
安心しつつも油断せずに、
次の戦いへの備えを怠らないように。
[PR]

# by yamazaku199x | 2014-01-23 09:20

教材にかかる費用

自分の指導では原則、学校の教科書&ワークを使います。
学校で習うことが消化出来ないのに、それ以上のことをやろうとしても
大変な思いをする、というのがその理由です。

補助的にプリントを用意することもあります。
塾講師時代に作ったものが中心です
(若干リニューアルされている場合もあります)
こちらについては印刷/コピー代のみいただいております。

苦手科目や特に強化したい科目については、
別途市販の教材を用意いたします。
書店で入手できる市販のものや、
塾でしか入手できないものなど、
生徒それぞれに合ったものをご用意させていただきます。
どれもこれも一冊千円前後です。

最近の市販教材にもよくできたものがあって、
インターネットがあれば動画授業が受けられる(しかも無料で)ものもあります。

数学であれば、計算または一行問題のドリルでの反復練習を課すこともあります。
あと、英語が苦手な場合、教科書ガイドやCDもあると有利です。

受験学年では、志望校の過去問もご購入いただきます。

これら教材は、
ご自身でお求めになってもかまいませんし、
ご注文いただければこちらでご用意いたします。


これら全てをご購入いただいても、
プリントの実費をいただいても、
3年間で十万円以上の教材費がかかることは、まずありえません。
その半分以下、あるいは4分の1以下の費用で、中学3年間を戦えるはずです。


受験が終われば、おそらくはもう使わないであろうアイテムに、
それほど費用をかけなくてもよいのでは? というのが私の考えです。

また仮に立派な教材をご購入されたとしても、
5年毎の教科書改訂でただの紙切れになるおそれもあります(特に英語)。
下のきょうだいに使わそうとしても、その時点でのカリキュラムにそぐわなくなります。

極力お財布に優しい講師でありたいと願いつつ。
[PR]

# by yamazaku199x | 2013-11-17 21:53 | 家庭教師

「先生、どうだ、使い切ったぜ!」

指導開始とともに、生徒にボールペンを配ることにしている。

使い切ったらもう一本新しいのをあげることにもしている。

先日も、ある生徒がボールペンを空にして、こちらに見せてくれました。


一本空けるのは並大抵のことではない。
ボトル一本空けるのとは訳が違う(笑)

試験前に、これまでのノートやテキストを見直すとともに、ボールペンの残骸を眺めてほしい。
自分の頑張りが形になって現れているそのペンを。


ボールペンのもう一つのメリットは、
芯が折れたり詰まったりしないことです。

芯が詰まるたび分解整備していては、時間のロス以外のなにものでもないので。

じゃんじゃん使って、こちらにどんどんおかわりを請求してください。
[PR]

# by yamazaku199x | 2013-10-30 13:35 | 勉強法