人気ブログランキング |

【コミュ英3】Lesson9のヒント【POLESTAR】

このレッスンでは
世界遺産に認定されることの弊害について述べています。

人が多く集まることで環境が破壊される、
これがそのメインとなっています。

身近な例を挙げてみましょう。

自宅の近所にド〇・キホーテができたと
想像してみてください。

生徒にこの問いを発したら
「楽しそう」「便利になる」といった
ポジティブな答えが返ってきました。

しかし、本当にいいことだけなんでしょうか…

騒がしくなるとか、
ポイ捨てが多くなるとか、
治安が悪くなるとか、
その他もろもろのネガティブな現象も予想できると思います。


ちょっと話は広がりますが、
高校レベルの英文では
こうした“物事のネガティブな一面”を掘り下げるものが増えてきます。

難解な初見の長文を読むときに
このことを思い出してみてください。

では教科書本文について。




本文では、中国の麗江が
その具体例として取り上げられています。




ナレーションがなかなかいい味出しています(笑)

豊かな自然、
雪解け水と運河、
独特の伝統文化、
そうしたもろもろが映像で見ることができます。

しかしそれらは
観光地化されたことで失われてゆく、と
レッスン本文で述べられています。

そもそもこの地を世界遺産に認定すべきだったのか?
とまで語られています。

世界遺産に登録する目的は、
あくまでもその地方の文化を守ることであって、
観光地化して商業化を進めることでは決してありません。

商業化が進んだゆえの悲劇、
それについても学んでゆければと思います。

f0252101_13362239.jpg

by yamazaku199x | 2019-11-05 14:03 | 英語