人気ブログランキング |

家庭教師センターの営業にご用心!④

いよいよ夏休み直前になりました。
今年は気温のアップダウンが激しく、体調を崩されている方も多いんではないでしょうか。
思わしくない体調の方、ぜひご自愛ください。
体調万全の方もお気をつけて。

私もこれまで出ていなかったアレルギーで四苦八苦しております。
手のひらや指に無数の水泡ができて、痛いのと痒いのが交互にやってきます
ブログや教材を打つのがきつい(泣)

そして夏休み前のこの時期、あちこちの塾や家庭教師センターの生徒募集も、まだまだ盛んなようです。

そこで今回は「要注意の家庭教師センター」ネタです。
ご覧の皆さま、是非騙されないようご注意ください。







家庭教師では契約前に「体験授業」を行うところがほとんどです。
体験で来た講師がよかったので契約したら、実際の授業では違う講師が派遣されてきた…よく耳にする話です。

体験ではかなりの腕利き、いわゆる"刺客"を送り込んできます。当然、授業は巧いです。
ですが、通常授業は別の講師が担当します。刺客に勝るとも劣らぬベテランが派遣されてきたり、逆にフレッシュな新人が派遣されてきたり、ケースバイケースです。
そのセンターが抱えている人材にもよりますが。

そこそこの規模の塾で教えていたときにも、よくありました。イベントでは幹部や主任クラスの腕利きが授業をして、レギュラー授業では経験の浅い学生や新人が担当、というパターンです。
当然、「話が違う」「金返せ」といったクレームに発展することもありました。

その"クレーム避け"のために、極めて姑息な手段を用いているセンターがあると聞き、今回のネタにすることにしました。

体験授業では"刺客"が送り込まれてきます。巧い授業をします。
そして、通常指導もこの人が担当するという話を聞かされ、契約へと至ります。
ところがこの刺客、早ければ2~3週間、遅くとも2か月後には何らかの事情で指導が継続できなくなります
そしてその後は…もう言わなくともおわかりかと。

そうこうしている間に、クーリングオフ期間は終わっています
授業チケットを買わせるタイプのセンターなので、そのチケットの返金もできません
また、新たに派遣されてきた担当者が下手だったり、相性が悪かったとしても「もう他に講師が居ない」と言われます。

これ、詐欺と変わりませんよね?

自衛策としては、やはり「電話での営業は断る」に尽きると思います。「就職させるので勉強では困っていない」「もう家庭教師をつけている」などなど言えば、たいていの営業は退きます。
それでも根掘り葉掘り聞かれたら「プライバシー」を盾にして黙秘権を行使してください。

仮にもし体験授業まで駒が進んだ場合、「誰が通常授業を担当するのか」を必ず根掘り葉掘り聞くようにしてください。

ちなみに現在仕事を紹介して頂いているセンターではこの手のインチキは行っておりません。むしろ、上記のようなセンターと契約して失敗した人のアフターケアの案件が来るくらいです。

by yamazaku199x | 2019-07-11 17:55 | 家庭教師