人気ブログランキング |

【コミュ英3】レッスン3のヒント【POLESTAR】

Lesson3では「食品廃棄物」の問題を扱います。

廃棄といえば懐かしい思い出が。

高校~浪人とコンビニでバイトしていた頃、
その日の給料以上の金額に相当する廃棄食品をもらってきたことがありました。
一人じゃ消費し切れないので友人とシェアしたものです。

また最近では、元生徒から「恵方巻買ってください」とSOSが来たこともあります。

コンビニのバイトも楽ではないですね。
私はおススメしません。


さて教科書本文内容です。





ざっくり言えばこんな感じです。

第1段落:食品ロスの理由
第2段落:大量の廃棄物
第3段落:買い物習慣の見直し
第4段落:食品廃棄を避けるには

まず第1段落。
食品ロスの理由として英国と日本の例が出てきます。
見た目の問題に加え、数年前に話題になった「販売期限」の問題も書かれています。
(参考)


余談ではありますが、数年前に“産地偽装問題”ってありましたよね。
食料品の産地は問題になるのに、塾講師の経歴が問題にならないのは何故なんだろう? といつも思っていました。
学生にスーツ着せてネクタイさせて「『学生か』と聞かれたら『社会人です』と答えろ」とか
『大学どこだ』って聞かれたら『東大』『早稲田』『慶応』って答えろ」ってあちこちでやってるのに。


さて第2段落です。
廃棄される量がいかに多いか、具体的な数値を挙げて説明しています。
リーディングでもリスニングでも、数値が出てきたら「それって何の数値?」なのか確かめる癖をつけでおこう。

あと、millionとかbillion, trillionといった“デカい数値”の扱いにも慣れておくといろいろ捗ります。

1
10
100
1,000←1000円札1枚 = one thousand
10,000←1000円札10枚 = ten thousand
100,000←1000円札100枚= one hundred thousand
1,000,000  ←札束1つ = one million
10,000,000←札束10こ = ten million
100,000,000←札束100こ = one hundred million
1,000,000,000←札束の詰まったトランク1つ = one billion
中略
1,000,000,000,000 ←トランクの詰まった段ボール1つ = one trillion

日本語との「,」の位置の違いに気づいたでしょうか。


第3段落では「ついつい買ってしまう」のが廃棄につながるという話です。
これは某通販の「今、この高枝切りハサミを買うともう一つ!」っていうアレを思い出しますね
(笑)


最終段落では筆者の意見が書かれています。
廃棄を減らすにはどうすればいいか、それを心がけ廃棄を減らそう、だってこんなに廃棄されるの見てられないもん(怒)、という流れがつかめればOKです。

では内容をプリントにまとめてみました。
f0252101_14501436.jpg


単・熟語や文法的な説明はあえて端折りました。
おそらくこのあたりになると、現場の先生によって比重が大きく変わると思うので。

では、テスト対策頑張りましょう!


by yamazaku199x | 2019-05-09 15:05 | 英語