不合格の理由 ~ 得点だけでは決まらない

先にも書きましたが、
千葉県立高校入試(前期)の結果が出ました。







前期で通らなかった人は、
ラスト10日全力で取り組みましょう。

「点数が足りなかった」と考えるのが自然ですが、
必ずしもそうとは限りません。

点数以外で落ちるケースは
1)内申書がよろしくない
2)態度や外見がよろしくない
3)高校が前期入試で求める人材でない
が考えられます。

1)については、今からどうこうできるものではありません。
2)の外見ですが、髪の毛と服装は改善の余地があります。
さすがにピアスや細すぎる眉毛はどうにもなりませんが(笑)
あと、態度はなかなか直らないものと考えてください。


3)については、
前期で落ちても後期で受かる可能性が高いケースもあります。
高校によっては、
前期合格者の大半が特色選抜のケースが挙げられます。
そのような高校では、
特色選抜で受かった生徒の点数<普通に受験して落ちた生徒の点数
となることも珍しくありません。
…なんという謎システム(笑)

このケースでは、
後期でも前期と同じくらいの点数が取れれば、
まず受かります。
…だったら前期で入れてくれよ(笑)

あとは後期の倍率もチェックしましょう。
極端に倍率が高いなら、出願しなおすのも手です。

後期にもまだ望みはあります。
ラスト10日、
悔いの無いように過ごしましょう。




[PR]

by yamazaku199x | 2017-02-20 20:26 | 家庭教師