今じゃない

冬が近づき、布団から出るのがだんだんしんどい頃になってまいりました。






朝、高校に行くのに橋を渡るんですが、ここがまた結構混むんですね。
ただでさえ通勤通学の時間なのに、土砂を運ぶダンプカーが次から次へと合流してくるので、それが渋滞に拍車をかけている、さながら渋滞ジェネレーターになっている有り様。

逆恨みなのはわかっていても、棒でこちらの行く手を阻んでくるガードマンにイラッとしてしまう(笑)
 
通勤通学の時間を外せないものなのか市役所に問い合わせたところ、国とか県とかのレヴェルの話になるということでたらい回しに(笑)

こうした「今じゃないでしょ!」的なものは一部の学校でも見られます。

近隣の公立中学の生徒。
中間テストの前日に授業をやろうと持ちかけたところ、想定外の返事。

「その日は試合です」

思わず固まりましたね(笑)
普通なら定期テスト前は部活停止になるはず。
そんな時に体外試合やってる場合なんでしょうか?

私立のアスリートコースの生徒さんなら話は別です。
それが彼らのミッションですから。
 
「テスト前に○○のコンサートで…」ていうのも、百マイル譲ってまだわかりますよ。
コンサートっていうのはその日しかないわけですから。

試合が大事なイベントというのもわかりますが、その日でなければならない理由を知りたいものです。

この中学ではあるクラスの担任が塾の模試の前日に芋煮会(しかも強制参加)を催した“実績”もあります。

不満や苦情の声も上がっているでしょうに、この現状は一向に改められる気配がありません。


こうした現状を見越して、私立の中学を目指す生徒や、他の中学に越境する生徒もいます。それも1つの手です。

保護者で連携して学校に圧力、というのもこれまた1つの手です。
まっとうな意見を述べるのはモンスターではありませんから。

なにもそこまで、とお考えでしたら、ご自分が変わるしかありません。
毎日少しずつでも計画立てて、いつテストされても平気なくらい勉強していくしかないと思います。


私自身のケースを紹介します。
中学生のころ、夏休みに家族旅行することになり、父親に「特急券を買いに行くからお前も来い」と言われたんですね、期末テスト前日に(笑)
当時はネットで購入なんてできませんでしたから、駅の「みどりの窓口」で買うしかありませんでした。
テスト勉強を理由に断ると親父激ギレ(笑)
「なぜ普段から勉強してないんだ?」とずっとなじられました。
(これでも一応計画立てて勉強してきたんですけどね笑)
「もう家族旅行やめだ!」と喚く姿に器の小ささを垣間見ました(笑)


親父から器の小ささまでも継ぎたくないので、明日から頑張って早起きして橋を渡ります(笑)
[PR]

by yamazaku199x | 2016-11-22 14:34 | 勉強法