県立入試、最後の一手

千葉県立後期まであと10日、
茨城県立入試まであと13日。

追いこみに多忙な時期かと思われます。

あと一息、いま一歩という人に勧めたいのは




社会です。

個人的な意見ですが、
社会を後回しにする受験生は多いように思えます。

だからこそ、今ここで取りに行きましょう。


高得点を狙う場合は、各年度の記述問題に取り組みましょう。
記述問題の模範解答を丸暗記するイメージです。

5年分くらいやってくると、用語のストックもしっかりしてきます。

そこで一問一答問題集を用いて、
知識の穴を埋めていきましょう。


意外と忘れられがちなのは、
地理の表・グラフの問題です。

これについては、知識なしでも解ける問題もあります。
(多少知識が要求されるケースもありますが)

過去問とプリントでしっかり練習していきましょう。


せめて半分欲しい生徒の場合、
話はもっとシンプルになります。

地理・歴史・公民のどれか一つに特化して取り組みましょう。

地理であれば、上記の「表・グラフ問題」に絞って、
歴史であれば、江戸時代以降に絞って勝負です。
公民は用語に絞ります。

「もう間に合わない」という気持ちもわかりますが、
「頑張るのはあと少しだけだ」と思ってください。


あと、千葉も茨城も、
それぞれの県にゆかりのある人物や出来事を出題してきます。
特産物は言えますか?
人物、誰か思いつきますか?

最後に、これは前にも出したネタですが
県庁所在地が覚えられない人用
県名と県庁所在地、これは必ず身につけましょう。
[PR]

by yamazaku199x | 2016-02-19 23:24 | 勉強法